0745-52-6458

〒635-0026 奈良県大和高田市神楽190-5

大和高田市の整形外科 尾崎整形外科医院|腰痛、膝痛、肩こり、スポーツ外傷、関節リウマチ、外反母趾、扁平足、巻き爪などの治療。

靴外来

院長ブログ、詳しくはこちら
Mobile Site

左のQRコードを読み込んで頂くと携帯サイトがご覧頂けます。

靴外来について

靴外来について

外反母趾の足は左右の足の大きさが違うため、靴選びが大変です。その点オーダーメードで靴を作るとあたる部分もなく、歩くことが楽しくなります。靴外来では、靴の製作だけでなく足底板(中敷)も工夫しています。
シューズの型も豊富ですよ。

靴外来の流れ

1. 採寸

1.採寸

ポドトラックを使用し、立ちあがった時にどの部分に圧力が集中しているかをプリントした結果から、体重心や歩き方の癖などを読み取ります。

2. 足部の計測

2. 足部の計測

メジャーを用いて足部の各ポイント(ボールガース、ウエストガース、スパンガース、ヒールガース、トップガース、ハイトガース、趾の高さ)の週型を計測します。

3. 足部の採型

3. 足部の採型

Casting Sockとメモリーフォームを用いた採型を行います。これはプラスティック包帯がロールになったもので靴下を履かせる様に巻き上げると巻きむらのない理想的なモデルを採ることができます。

4. スキャニング

4. スキャニング

YETIでCasting Sockの形状を0.1mm単位の精度で、3次元データに置き換え、コンピュータに取り込むことができます。

5. ラスト(木型)の選択

5. ラスト(木型)の選択

スキャニングされたデータがコンピュータに入力され、ラストライブラリーより最適なラストをコンピュータが選択します。

6. ラストの修正

6. ラストの修正

コンピュータが選択した最適なラストにポドトラックデータや足部の計測結果を入力し、ラストの修正をコンピュータ上で修正します。

7. ラストの削りだし

7. ラストの削りだし

コンピュータデータから直接、切削機でラストを削りだすため、精密なラストを短時間(1個あたり10分弱)で削りだすことができます。

8. 足底板の削りだし

8. 足底板の削りだし

ラスト削りだしと同じ様に足底板も削りだします。足底板は1枚あたり5分弱で削りだすことができます。

9. ラスト完成

9. ラスト完成

弊社のCAD-CAMを用いたラスト削りだしは「適合性」「納期短縮」「復元性」を追求した新しいシステムです。

10. モールドシューズ(チェックシューズ)

10. モールドシューズ(チェックシューズ)

ラストを確認するため仮合わせを行います。
弊社モードシューズは透明素材を使用していますので直接書き込むことが出来るので迅速にチェック個所を書き込むことが可能です。

11. ラストの微調整

11. ラストの微調整

モールドシューズでの仮合わせ後にラストの形状を微調整し、そのデータをコンピュータに入力します。

12. 平面展開

12. 平面展開

ラストの三次元データを二次元データ(平面)に展開し、靴の型紙をコンピュータより打ち出します。 この時、同時に製作指示書も打ち出します。

13. 皮革の裁断

13. 皮革の裁断

コンピュータにて、打ち出された型紙から靴に合う皮革を裁断し、縫製します。縫い合わせたものを「アッパー」と言います。

14. 縫い合わせ

14. 縫い合わせ

ラストにアッパーをかぶせ、靴の形に撒き込み(つり込み)ます。また、デザインや機能に応じて靴底を選択し、圧着機で取り付けます。

15. 完成

15. 完成

靴底とアッパーを仕上げ、ラストを取り外して完成となります。

Page Topへ戻る